W杯日本代表がグループリーグ突破すればかなりのチャンスが!!

スポンサードリンク

6月25日の朝5時にキックオフされる日本対コロンビアの一戦。

事実として日本のグループリーグ突破はほとんど可能性が薄い状況ではあります。

が・・・しかし!!

万が一に日本が勝ってギリシャ対コートジボワールでギリシャが勝つか引き分けるかで、グループリーグ突破が決まったとしたらとんでもないビッグチャンスが訪れそうです。

なんと、日本の大目標であるベスト8(ここでは優勝が目標とはとても言えませんが)が極めて現実的なものになるかもしれません。

 

鍵はグループDの1位通過の相手がどこになるか??

日本対コスタリカ②

日本が属するグループCの決勝トーナメントの対戦相手はいわゆる死のグループと言われるグループD。

グループDはイタリア・ウルグアイ・イングランドといった優勝経験国の属するグループです。

開催前から日本は良くてベスト16ではないか?と言われてきた大きな理由の一つが決勝トーナメントの対戦相手です。

イタリア、ウルグアイ、イングランドのどこが来ても勝つのは至難の技と言ったところです。

ところが、第2戦までの試合を終えてグループDはとんでもないことが起こっております

なんと全くのノーマークだったコスタリカが2連勝で首位に立っています。

1位通過の可能性がゼロの日本はもし決勝トーナメントに進出できればグループDの1位通過の国と対戦になります。

つまり、日本の決勝トーナメントで当たる相手はコスタリカになるという訳です(奇跡的にコロンビアに勝って進出した場合ですが)。

なんというビッグチャンスなのでしょうか?

これは苦しんでグループリーグ突破した日本に対してのご褒美としか言いようがありません。

スポンサードリンク

直前の強化試合でコスタリカを圧倒した日本

日本対コスタリカ

多くの方がご存知の通り、日本はW杯直前の強化試合でコスタリカと対戦し3-1と圧倒しています。

ここまでウルグアイ、イタリアを破りノリにノっているコスタリカですが、ウルグアイやイタリアと対戦するよりはるかに勝つ確率は高いと言えます。

ちなみに最近の対戦で日本はウルグアイにはホームで完敗イタリアにはコンフェデ杯で壮絶な打ち合いの末にやはり敗れています。

まさに決勝トーナメント進出の奇跡を演じることができれば、目標にしていたベスト8は現実的な目標となるでしょう。

 

ちなみにイングランドが早々に敗退が決定していることから、グループCの首位のコロンビアの対戦相手はウルグアイかイタリアになりそうです。

下手にグループC1位で突破じゃなくて良かった良かった!と言えるようになんとしてもコロンビアに勝って奇跡を現実にしなければなりません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ