映画字幕翻訳家の戸田奈津子が左目の視力を失った!その原因は?

スポンサードリンク

 

映画字幕翻訳家として活躍をされている戸田奈津子さんですが、どうやら左目の視力を失っていたようで、テレビ番組に出演をされた時に初告白をされましたね。

戸田奈津子さんが、「視力を失っている」ということを初告白されたということでかなり大きな話題となっていますね。

 

 

視力を失っての翻訳活動はかなり大変だと思います。

普段お世話になっている裏には相当な苦労があったようですね。

それにしても、戸田奈津子さんはどうして左目の視力を失ってしまったのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

戸田奈津子はどうして視力を失ったのか?

 

戸田奈津子さんは、左目の視力を失ったということをフジテレビ系の「ノンストップ!」に出演をされた時に初告白をされましたね。

今は左目が見えないということで、右目を使って翻訳をされているとのことです。

左目は見えなくなっているということなのですが、右目を使ってこれからも翻訳をされるようですね。

ほとんど片目状態ですから、相当右目の負担も大きいでしょうね。 

 

戸田奈津子さんは、どうやら目の病気を患われていたようですね。

戸田奈津子さんは、「58歳の時に、加齢黄斑変性になった」というコメントをされています。

 

 

60歳くらいの時には、目の異常がかなり出始めていたとコメントもされていますね。

グラフ用紙や障子の桟が曲がって見えるようになってきたというようなコメントをされています。

 

 

この病気は、一度なると治らない病気ということでかなりこの病気には苦しんでいるとの事です。

病気には、8年前から苦しんでいたようで、病気の症状も悪化していたようです。

 

 

いやー本当に大変だったんだろなと思います。

それでも続けているのはプロとしての誇りでしょうか? 

ちなみに最近は誤訳が多いと噂されることもありますが、もしかするとこれが原因なのかもしれませんね。

→戸田奈津子の字幕翻訳の誤訳は病気と関係があるの?

 

 

戸田奈津子さんは、かなり人気のある字幕翻訳家の方なので心配をされているという人達はかなり多いようですね。

戸田奈津子さんが、この病気だとわかったのは1994年の時だったようですよ。

それから長い間この病気を患われていらっしゃるようです。

 

 

様々な洋画の字幕翻訳をされていて、知っているという人達も多い人気の字幕翻訳家の方ですよね。

様々な洋画の字幕翻訳をされている方なのですが、無理をしないようにこれからも頑張ってほしいなと思いますね。

 

ちなみに戸田さんが患っている加齢黄斑変性についてはこちら。

→戸田奈津子が患っている加齢黄斑変性はどんな病気なの?

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ