【るろうに剣心】瀬田宗次郎役の神木隆之介が語る役作りの感想

スポンサードリンク

 

夏休みに入り公開中の映画「るろうに剣心」。

見た人も多勢いると思います。

 

 

中には4回も5回も見たという強者もいるとか・・・。

そんなるろうに剣心ですが、以前藤原竜也演じる志々雄真実にスポットをあてました。

⇒全身包帯グルグル巻きの藤原竜也演じる志々雄真実の記事はこちら

 

 

そして、今回注目したいのが瀬田宗次郎役の神木隆之介

 

神木隆之介②

 

原作では敵方の志々雄真実の一派として活躍した瀬田宗次郎。

志々雄配下の十本刀の筆頭として剣心に匹敵する天性の才能の持ち主です。

また原作では志々雄に次ぐ人気を誇るキャラクターです。

 

 

その瀬田宗次郎役の神木隆之介の役作りがまた見事にハマっていると高評価を得ています。

ということで、実際に演じた神木隆之介の役作りの感想をピックアップしてみました。

⇒そんな神木隆之介の恐るべき芸歴はこちら

 

 

スポンサードリンク

 

「宗次郎が好きで決まる前から役作りしていました(笑)」

なにをかくそう、神木隆之介は実はるろうに剣心の大ファンで

その中でも瀬田宗次郎が大好きだったとのこと。

 

 

もともとるろうに剣心は読んでいなかったそうですが、

映画の1作目が公開された時にたまたま原作の表紙になった宗次郎が気になったそうで。

 

 

宗次郎がどうやって戦うのだろうと読んでいくうちに、

るろうに剣心にドップリハマったということです。

 

 

1番気になったのは「宗次郎の笑顔」ですってww

 

i320

 

笑顔で人を切りますからね、宗次郎は。

 

 

そんな宗次郎に惹かれて実際に役が決まる前からすでに役作りしてたのだとか。

どんだけ好きなんでしょうか?

 

 

「役が決まったときは運命を感じましたww」

実際に宗次郎の役が決まったときはビックリしたのと同時に

運命を感じたのだとか。

 

 

それほど好きだったんでしょうね。

まさしく運命と呼ぶにふさわしいです。

見た目も宗次郎に似ているのでピッタリだと思います。

 

神木隆之介

 

しかし、殺陣の稽古はとても大変だったとか。

剣心役の佐藤健が1作目ですでに相当な殺陣の稽古を積んでいたことから、

相当なプレッシャーがあったようです。

 

 

神木隆之介いわく、佐藤健の4倍練習したそうです。

 

宗次郎の立場上、剣心に匹敵する力を見せないといけないのでやはりそれくらい稽古は必要だったんでしょうね。

その稽古の甲斐もあって、見事な殺陣を演じております。

 

佐藤健と神木隆之介の見事な殺陣の動画はこちら

※4分半~がそのシーンです。

 

速いですね~。

 

 

原作と同じく最速の剣技を見せる宗次郎を演じるのは大変だったと思います。

そうとうな稽古を積んだことが分かります。

本編でもイチオシのシーンです!

 

 

でも実際に佐藤健と一緒に練習したのは1~2回で、

今まで練習してきたものにどう返してくるかわからなくてドキドキでしたとのこと。

割とぶっつけ本番な感じ?だったんですね!

 

 

「撮影当日は本当に本番のみだったのですごく緊張しました。」とのこと。

そう言えば少し表情が硬かったかな・・・。

 

 

繰り返しますが、実際の宗次郎は笑顔で人を切りますからねw

 

 

最後に神木隆之介いわく、

「伝説の最期編の戦うシーンはもっと速いですよ。」とのこと。

これは9月上映の「伝説の最後編」も楽しみですね!!

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ