PL花火大会2014の開始時間と交通状況、見所について

スポンサードリンク

今年も熱い夏がやって来ました。

夏といえばやっぱり「花火」ですよね。

PL花火

ちなみに関西にお住まいの方は「PL花火大会」が1番目玉のイベントになるのでは無いでしょうか?

PL花火は正式名称「教祖祭PL花火芸術」と言い、PL教団が世界の人々の平和を祈願して行う一大イベントです。

静かに平和を祈るではなく、ドンパチ派手に行こうぜ!というイキな計らいと言えるでしょうw

花火大会の規模としては日本一を誇り、周辺道路の混雑状況も日本一を誇ります。

 

ところで開催日は毎年8月1日が開催日と定められており、関西在住の人は7月後半になるとカレンダーが気になる時期です。

今年の開始時間交通状況見所について事前に予習しておきましょう。

スポンサードリンク

PL花火の開始時間は19時50分~21時前後

今年のPL花火大会の開始時間は19時50分開始となります。

朝から試し打ちを行なっていますので、おそらく見えないですが打ち上げ音は聞こえますw

1時間すこしの間に約12万発の花火が上がります。

クライマックスのあたり一体が真っ白になる光景は圧巻です!

PL花火クライマックスの映像はこちら

 

ちなみに、開始時間や終了時間は当日の天候によって左右されますので、早めに向かうことをおすすめします

とくに風の無い日は花火の煙がなくなるのに時間がかかり、次の打ち上げまで待機することがあるので21時過ぎまでかかることがあります。

その場合は終了したと勘違いして帰らないようにしてくださいね。

またPL花火名物の「ナイアガラの滝」は2012年を最後に終了しています。

半世紀近く続いてきたので、寂しいかぎりですが地方の花火大会でも実施するところが多くなり、珍しくなくなったのが理由とか・・・。

それでも今でもクライマックスの迫力は衰えてはいません。

ナイアガラの滝の映像はこちら

 

ちなみにナイアガラの滝は間近で見るのもいいですが、遠いところから見るほうが個人的には好きです。

空いっぱいに広がる滝の光景は距離をおいたほうがよりハッキリと見ることができます。

数分の間、空が真っ白になる光景は二度と忘れないでしょう。

 

行き帰りの交通状況、混雑状況について

また、クライマックスの打ち上げ後は一斉に帰宅を始めますので周辺道路が尋常じゃなく混みます

周辺の飲食店やコンビニなども恐ろしく混雑しますので、女性の方のトイレは出来るだけ先に済ませておいたほうが良いです。

筆者の経験では同じ大阪府内の家に帰宅するのに数時間を要したことも幾度もあります。

近くで見れば見るほど帰りは相当な覚悟が必要と言えるでしょうw

また遠方の方は車よりも電車のほうが早く帰れます。

駅から教団のバスが往復してくれるのであまり歩く必要もありません。

ただし、すこし遅れると富田林駅も大変混雑し、乗るのに2時間くらいかかりますので、ご注意ください。

小さいお子様や、体の弱い方はあまり間近ではなく、すこし離れたスポットで鑑賞するのがおすすめです。

少し距離はありますが、国道170号線近くに車を止めて終了後すぐに国道に出れば比較的早く帰れます。

駅前まで車で入ってしまうともう、出られませんww

また駅周辺は交通規制がかかりますので、入らないことをおすすめします。

駅周辺の交通規制はこちら

また詳しくは富田林駅前商店街さんのオフィシャルサイトを参考にしてください

富田林駅前商店街オフィシャルサイトはこちら

 

まとめとして

PL花火大会は8月1日の19時50分開始です。

周辺道路や歩道はかなり混雑しますので、準備をしっかりして臨みましょう。

とくに女性の方はトイレに苦労する場合が多いので、事前に済ませておいたほうがいいでしょう。

車で行く場合は富田林駅周辺は交通規制がかかるほか、車道も人で溢れますので近くにはいりすぎると帰れません。

国道付近に車を止めてすぐに周辺から脱出できるように計画しましょう。

車、電車ともに帰宅には2,3時間はかかるものだということを知っておきましょう。

もちろん、少し距離をとれば帰りやすくなります。

そのあたりの計画を立てることもイベントのうちと日本一の花火大会を楽しむことをおすすめいたしますw

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ