長野県北部の余震分布は?余震対策の仕方とは?

スポンサードリンク

 

長野県北部でかなり大きな地震があり、震度6を記録していますね。

それからもかなり多くの余震が起こっていて、死者なども出ているようです。

 

かなり地震が起きやすい場所で起こった地震だったようですね。

余震分布はどこなのでしょうか?

 

 

image

 

地震の余震分布は?

 

長野県北部の地震の余震分布は、神城断層の位置のようですよ。

この神城断層の位置で、ほぼ一致しているということのようですね。

 

余震だけではなく、本震の方もこの神城断層で起こったと言われています。

かなり地震が起こりやすい場所なので、余震が多く起こっていると言えるのではないでしょうか?

 

ひずみ集中帯で地震が発生したということのようです。

 

この地震で、家屋などが倒壊したところも多かったようです。

地震の影響を強く受けたのは、白馬村のようですね。

 

余震はこれからも続くのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

余震対策は?

 

大きな地震がきたら、余震が多く起こることがあります。

余震で家屋などが倒壊することもあるので、余震対策はしっかりと行っていきたいところですね。

 

この余震対策の方法ですが、大きな地震がくるとパニックになってしまうことが多いです。

しかし、家屋の倒壊や土砂崩れなどが大きな地震で起こりやすくなっています。

落ち着いて倒壊しそうな場所には近づかないようにすることで怪我を防ぐことができます。

 

大きな地震が起こって、家屋の倒壊や土砂崩れなどが起こっていなかったとしても余震で土砂崩れなどが起こることがあります。

なので、小さな余震でもこの家屋の倒壊や土砂崩れなどには注意をしなければなりません。

 

できるだけ怪我をしそうな物がある場所や地震で倒れかけている家屋の近くにはいないようにしましょう。

地震などが起こった時に災害グッズがとても重宝します。

災害グッズなどは揃えておくようにした方が良いと言えるのではないでしょうか?

 

また、大きな地震が海域で起こると津波などが発生することがあります。

津波には十分に注意をすることが大切と言えるでしょう。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ