小室哲哉がKEIKOの近況報告?KEIKOの病気の状況は?

スポンサードリンク

 

音楽プロデューサーの小室哲哉さんが、妻のKEIKOさんの近況を報告されましたね!

今までKEIKOさんは、あまり音楽に興味を示していなかった様子。

しかし、KEIKOさんが音楽に興味を示したということで大きな話題となっていますね!

 

KEIKOに常に寄り添う小室哲哉。

178

 

 

KEIKOの近況は?

 

小室哲哉さんが、KEIKOさんの近況を報告されましたね!

何でも、KEIKOさんが電話で「IS THIS LOVE?」を軽く歌ったということのようです。

 

少しずつKEIKOさんは、音楽に興味を持ってきているようですね!

KEIKOさんは、「hate tell a lie」のような曲を歌いやすいということもコメントをされています。

順調にKEIKOさんは療養をされていると言えるのではないでしょうか?

 

 

電話はLINE電話だったようで、かなり歌声が響いたようですね!

KEIKOさんは、少しずつ歌を歌っているようですね。

 

 

ちなみにKEIKOさんの病気についてはご存知の方も多いと思いますが、ここでおさらいしておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

KEIKOの病気とは?

 

KEIKOさんは病気で現在は療養をされています。

KEIKOさんが患っている病気は、クモ膜下出血ですね。

 

 

クモ膜下出血とは

クモ膜下出血(クモまくかしゅっけつ、蜘蛛膜下出血、Subarachnoid hemorrhage; SAH)は、脳を覆う3層の髄膜のうち2層目のクモ膜と3層目の軟膜の間の空間クモ膜下腔に出血が生じ、脳脊髄液中に血液が混入した状態をいう。全脳卒中の8%を占め突然死の6.6%がこれに該当すると言われる。50歳から60歳で好発し、男性より女性が2倍多いとされる。また一度起こると再発しやすいという特徴がある。「蜘」と「蛛」が常用漢字に含まれていない為、まぜ書きで「くも膜下出血」と表記されている。

 

※ウィキペディア参照

 

 

クモ膜下出血で倒れてから、病気の療養をされているようです。

2011年の10月24日に自宅でKEIKOさんはクモ膜下出血なってしまったようですね。

 

 

現在のKEIKOさんは、病気の療養中でマスクをしている画像も見ることができました。

以前よりも顔立ちが変わっていて、驚いている人達も多いようですね。

 

 

ただ、少しずつ病気の回復はしてきているようで応援をしている人達もたくさんいらっしゃいます。

 

 

クモ膜下出血は、若い人でもなる病気のようです。

クモ膜下出血になる原因などをしっかりと知っておき、病気の予防をしていきたいところです。

 

 

KEIKOさんの病気は、小室哲哉さんが早期発見をされたので、幸いにも後遺症などはない様子。

自宅療養と通院でリハビリを行っていくということのようですよ。

 

早くKEIKOさんに元気になってほしいと感じているファンの人達も多いようですね。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ