高校野球2014年夏の甲子園の見どころとプロ注目の選手は誰?!

スポンサードリンク

 

 

いよいよ8月9日の土曜日から始まります全国高校野球選手権大会。

2014年夏の甲子園ですね!

 

 

natu

 

始まりますよ!

ってことで、2014年の組み合わせも決まり、

あとは球児達の熱戦を見守るばかりとなりました。

 

 

昨年2013年は群馬の前橋育英が初出場初優勝という結果と

宮崎の延岡学園が惜しくも準優勝となりました。

 

 

最近は愛媛の済美、佐賀の佐賀北、青森の光星学院、沖縄の興南など
地方の高校が大活躍する一方で、大阪桐蔭や東京の日大三校など

都市部の高校が迎え撃つ構図が多くみられます。

 

 

今年も大阪桐蔭、広島広陵、高知明徳義塾、神奈川東海大相模、石川星稜、沖縄尚学など

伝統のある高校が勝ち上がってくる一方で、9校が初出場となりました。

 

 

ちなみに初出場は以下の通り

北北海道:武修館

秋田:角館

宮城:利府

千葉:東海大望洋

東東京:二松学舎大付

兵庫:神戸国際大付

愛媛:小松

大分:大分

鹿児島:鹿屋中央

 

 

競合がひしめく東東京や兵庫から初出場が出てくるのは以外でしたね!

さて、今回出場する高校のなかでプロ注目の選手は誰になるのでしょうか?

調べてみました!!

 

スポンサードリンク

2014年夏の甲子園プロ注目の選手達はこれだ!

 

なんといってもプロ1番の注目は済美の怪物ピッチャー安楽智大選手です!!

 

済美 安楽

 

プロの各球団が熱視線を送る最速157キロの超豪腕ピッチャーです。

どんな活躍を見せるのでしょうか!?

・・・と、言いたいところですが、なんと県大会で予選敗退してしまいました!

 

一部報道では投げさせすぎて壊したのではないか?という見方もあるようです。

 

 

ちなみに、予選敗退してホッとしているのはプロのスカウト陣。

プロ入りは確定なので怪我や肩の故障が心配でたまらないのでしょう。

今年のドラフトは間違いなく安楽投手の争奪戦になりそうです。

 

 

ということで残念ながら安楽投手は見れませんが、

甲子園出場選手でプロ大注目の選手はこちら。

 

 

東海大相模の吉田凌投手

吉田凌

県大会でなんと1試合20奪三振という

とんでもない記録を作った怪物ピッチャーです。

 

 

ゲームセットまでに必要なアウトが27個なので、

ほとんどが三振ですよ!

 

 

野手も暇で暇で仕方がないでしょうねww

落ちるスライダーを武器にバッタバッタと三振を取ります。

まだ2年生ということで、プロ入りは再来年になります。

 

 

盛岡大付属高校の松本佑樹投手

松本佑樹

 

150キロのストレートと打っては通算54本塁打

あの岩手の怪物大谷翔平を彷彿とさせる逸材です。

まさにエースで4番ですね。

 

 

ちなみに大谷翔平は高校生にして160キロを記録しているバケモノですww

 

 

盛岡大付属の行く末はほぼ松本選手にかかっているといっても過言ではないでしょう!

もはやプロ入りは間違いないことから、

再び岩手から二刀流のプロ野球選手が登場するのか注目!

 

 

 

日大文理の飯塚悟史投手

飯塚悟史

多彩な変化球を武器にするプロ注目の本格派投手です。

 

 

フォーク、スライダー、カーブどれをとっても

一線級の安定感抜群のピッチャーです。

 

 

ストレートも140キロ後半を記録することから、

プロでも将来の先発エース候補ですね。

プロ球種が多いため狙いが絞りにくいので、

プロ入り後もすぐに通用しそうな感じです。

 

 

奈良の智辯学園の岡本和真選手

岡本

 

奈良県大会で通算73本の本塁打を放って甲子園行きを決めています。

 

 

間違いなく今大会No1のスラッガーです。

 

 

73打席でということは1試合で4,5回しか打席に立てませんから、

15~20試合の打席で全てホームランを打たなければいけません。

 

 

1年生の時からほぼ毎試合ホームランを打っていますね。

どんなバケモノだ!?

甲子園でも何本本塁打を打つか楽しみです。

 

 

京都龍谷大平安の徳本健太朗選手

徳本健太朗

 

選抜を制した機動力野球の核となる選手です。

龍谷大平安は他にも良い選手が揃っているため、

今回の夏も優勝候補の筆頭では無いでしょうか?

 

 

これらの選手以外にも他にも新しいヒーローが

必ず出てくるのが甲子園の楽しみの一つです。

 

 

見どころとして

ちなみに見どころとして注目の試合は5日目の明徳義塾VS智辯学園。

例年硬い守りを見せる明徳義塾に対して、

怪物スラッガー岡本選手がどんなバッティングを見せるのか?

 

 

また5日目には3大会連続夏の甲子園出場の大阪桐蔭も登場します。

 

 

今や阪神のエースとなった藤浪や日ハムの4番中田翔を輩出した

名門校からどんな選手がでてくるのか?

 

 

大阪から3大会連続はあの桑田、清原を擁したPL学園以来です。

ちなみにKKコンビは夏に2度の優勝と1度の準優勝を果たしていますw

 

KKコンビ

 

今考えると、バケモノですねww

 

 

果たしてどの高校が決勝まで勝ち進むことはできるのでしょうか?

楽しみはつきません!

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ