神木隆之介の芸歴(まとめ)が凄い!るろうに剣心で演技力に磨きがかかる

スポンサードリンク

 

 

絶賛公開中の映画「るろうに剣心 京都大火編」で、瀬田宗次郎役としてもおなじみの神木隆之介

主役の剣心を窮地に追い込む迫真の殺陣を演じ、さらに演技力に磨きがかかった模様。

 ⇒るろうに剣心の瀬田宗次郎を演じた神木隆之介の役作りについての記事はこちら

 

 

そんな神木隆之介ですが,WOWWOWの連続ドラマ東野圭吾「変身」では主役を演じ、ますます俳優として評価は上がってきています。

でも、まだまだ21歳の若手俳優としてのイメージが強いですね。

童顔なのでパッと見は高校生と間違われることも多いのだとかww

 

 

しかし、この神木隆之介は実は凄い芸歴の持ち主であることが分かりました。

どんな芸歴なのかまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

神木隆之介はなんと21歳にして芸歴19年!!

にわかには信じがたいですが、神木隆之介は実は今年芸歴19年を迎えます。

 

 

と、いうことは今21歳なので・・・

2歳から芸能界で活躍していることになりますね。

ほとんど赤ちゃんに近い状態ですよ。

 

 

実は神木隆之介は生まれた時に大病をして体が弱く「助かる確率は1%くらい」だったそうです。

そこで、2歳になったときに母親が「セントラル子供タレント」へ入団させたのが芸能界入りのきっかけだったとか。

そしてなんと、その年にCMデビューを果たしています。

 

 

本人はよく覚えていないとのことですがww

そりゃ2歳で覚えているはずもないですよね。

 

 

そしてTVドラマ「グッドニュース」でドラマデビュー

グッドニュースといえば中居君の主演のドラマでしたよね。

中居君の息子役として出演。

ちなみに母親役は鶴田真由でした。

 

神木君

 

5歳の子役としてはかなりしっかりした印象を与えてくれました。

残念ながら中居正広主演のドラマにしては低視聴率番組で、ぜんんぜん「グッドニュース」じゃなかったようです。

ただ、子役神木君としては上々のデビュー。

 

 

そしてそのかいあって、2005年には映画「妖怪大戦争」では主演を果たしました!!

当時あまりにも可愛い子供だったので、最後まで女の子が主人公だと思っていた人も多かったようです。

声も女の子っぽいところがありましたからね。

 

妖怪大戦争

 

2006年には探偵学園Qでテレビ初主演。

Hey! Say! JUMPの山田涼介とともに出演しました。

ちなみに山田涼介は今は金田一で主演をこなしていますw

 

 

声優としても大活躍で、ジブリ作品には「千と千尋の神隠し」から「借りぐらしのアリエッティ」まで4作品連続で声優として出演という記録を達成!

映画、ドラマの主演にジブリの常連声優とは、恐るべし子役ですね。

 

⇒そんな恐るべき子役、神木隆之介の当時を振り返った映像はこちら 

 

 

また大河ドラマでも活躍しており、2005年に「義経」で牛若丸(幼少期の義経)役を演じ、2012年「平清盛」では義経役を演じています。

ややこしいですね。

つまり神木隆之介が子供のころは牛若丸で、大人になったら義経を演じたということですね。

 

 

牛若丸の神木隆之介

牛若丸

 

 

義経役の神木隆之介

義経

 

 

ちなみに大河ドラマで違う作品で同一人物を演じたのは石田三成を演じた小栗旬以来2人目とのこと。

映画、声優、大河ドラマまで俳優としてほぼすべてを手に入れたと言ってもおかしくない芸歴です。

芸歴19年は伊達じゃない!!

ってことですかね。

 

 

現在公開中の映画「るろうに剣心」では、今まであまりやってこなかった殺陣に磨きがかかっており、さらに俳優として一回り大きくなった印象を与えてくれます。

大人の俳優としても楽しみな存在ですねー。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ