ドルトムント香川真司は7番に!ポジションはトップ下フォーメーションは?

スポンサードリンク

 

 

 ドルトムントに移籍した香川真司背番号が「7番」に決定!

前回の23番はすでに使用されていることから、空いている番号をもらった形。

 

 

しかし、香川にとっては2度目の背番号7になります。

⇒香川真司がドルトムント移籍決定!サポーターの反応は??

 

香川真司 7番

 

以前マンチェスターユナイテッドに移籍するときに提示されたのは同じく「7番」。

しかし、マンチェスターの7番はかつてベッカムなどがつけた伝説の背番号のため、丁重にお断りしたという。

ちなみに本田圭佑はミランの10番をもらっていますが、この辺は性格の違いか?

 

 

ただマンチェスターの7番は全世界から注目の的になるため断って正解だったかも・・・。

そうでなければ今頃何言われたことやらww

 

 

さて、背番号も無事決まったことでイケメンぞろいのドルトムントでのポジションはどうなるのでしょうか?

⇒イケメンぞろいのドルトムントのチームメイトの紹介はこちら

 

また予想されるフォーメーションは??

 

スポンサードリンク

 

クロップ監督の構想では香川は本職のトップ下!!

 

さて、気になる香川のポジションですが香川の恩師でもあり、だれよりも香川を理解するクロップ監督トップ下に置くようです。

3年前も香川をトップ下に置いてドイツリーグ2連覇したドルトムント。

やはりそこしかないでしょう!!

 

 

ちなみにマンチェスターユナイテッド時代にサイドに置かれた香川をみてクロップ監督はたいそう嘆いたのだとか・・・。

⇒香川がサイドで途中出場する場面をみて涙するクロップの記事

 

 

クロップ監督に言わせれば香川は世界最高クラスの選手だと。

そりゃあ、毎シーズン香川を呼び戻すのに躍起になるわけですね。

本来、それだけの才能があるんでしょうね。

 

 

ちなみに現在のトップしたにはドイツ代表で超イケメンのマルコ・ロイスがいます。

 

マルコ・ロイス

 

 

そのロイスと交代で使うか、同時に起用するかはこれからだと思われます。

ちなみに予想されているフォーメーションはどうでしょうか?

 

 

予想フォーメーションは香川トップ下、ロイスが左の同時起用

 

今のところ予想されているフォーメーションはこちら。

 

FW  インモービレ(イタリア代表)

MF 2列目 ロイス(ドイツ代表)  香川(日本代表) ムヒタリアン(アルメニア代表)

MF 3列目 ギュンドアン(ドイツ代表)  ベンダー

DF シュメルツァー フンメルス(ドイツ代表)  パパスタロプーロス(ギリシャ代表) ピシュチェク(ポーランド代表)

GK ヴァイデンフェラー

 

 

あとはトルコ代表のイケメンのヌリ・シャヒンがMFで入るでしょうね。

 

ヌリ シャヒン

 

ロイスを左に置いてでも香川をトップ下におきたいクロップ監督。

ぜひやってもらいたいですね。

 

 

それにしても、こうして見ると超豪華な布陣。

そんな中でプレーできる香川は幸せものだ~!!

あとは早くチームに慣れて試合に出て欲しい。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ