福山雅治が剣心の師匠比古清十郎として登場!プロフィールを公開

スポンサードリンク

 

ついにその謎が明かされた映画「るろうに剣心」

後編である伝説の最後編にて、かねてから謎の登場人物として出演していた福山雅治正体が明らかになりました!

 

 

ってもうほとんどの方がご存知ですよねww

そう、佐藤健演じる剣心の師匠比古清十郎役として登場します!

 

福山雅治 比古清十郎

 

ちなみに剣心は幕末に政府の人斬りとして活躍した人物。

なので原作での登場時は28歳です。

おそらく原作の後編のあたりでは30歳を超えているはず?

 

その師匠の福山演じる比古清十郎は、果たし幾つなのか?

プロフィールを公開ww

 

その前に、「伝説の最後編」の動画も公開されましたね。

⇒福山雅治もたくさん登場する動画はこちら

 

スポンサードリンク

 

比古清十郎は不惑の40代だった!

 

比古清十郎

その名前は実は本名ではなく、自身の剣術である「飛天御剣流」の継承者が代々受け継ぐ名称です。

福山雅治演じる比古清十郎は13代目にあたります。

つまり弟子でもあり、継承者である緋村抜刀斎(剣心)は14代目の比古清十郎ということになりますね。

 

 

生まれは天保7年(1836年)、身長は189cm、体重87kg。

当時の日本人の体格を考えたらバケモノです。

 

比古清十郎

 

ちなみに年齢は43歳。

福山雅治が45歳なので、設定としてはばっちりです。

血液型も同じO型。

 

 

また外見も40代とは思えないほど若作りなところも福山雅治そのものですねww

身長も福山は180cmありますので、他に条件に当てはまる俳優がいないんじゃないでしょうか?

189cmで見た目若すぎる40代で超男前でO型の日本人はきっといません。

 

 

なので、福山雅治が前編である「京都編」の最後に登場した時点で比古清十郎に決まり!って皆さん思ったはず。

まあ疑いようも、謎に包まれようもなかったですね。

 

 

ちなみに剣術は剣心が足元にも及ばないという実力の持ち主。

原作でも奥義伝授前の剣心が手も足もでなかったのは有名な話。

剣心の最大の敵である志々雄真実についても比古清十郎いわく、「自分が出張すれば済む」と一蹴するほどの自信家です。

 

比古清十郎2

 

 

「だったらさっさと志々雄を倒してこい!」

って全ての少年ジャンプを読んでいた読者が感じたことでしょうw

ですが、性格は超人間嫌いで、すでに引きこもりの陶芸家としてひっそりと生きているため剣心にすべて擦り付けます。

 

 

なんにせよ、まともな人物ではないようです。

ちなみに原作の作者は「トランプのジョーカーみたいで扱いにくかった・・・」と告白しています。

まあ反則キャラですからね基本。

ゲームいえばチートキャラですww

 

 

ただ映画ではそこまでのチートぶりではなく、あくまでも剣心よりも実力が上という設定のようですね。

現実離れしすぎると藤原竜也演じる志々雄真実のラスボスぶりが陰ってしまいますからねーww

⇒そんな藤原竜也が演じる志々雄真実について書いた記事はこちら

 

 

福山雅治演じる比古清十郎が重要な役割を果たし、後編ではいよいよ剣心が志々雄に決着をつけます。

あとは劇中で確認しましょう!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ