羽生結弦がNHK杯のエキシビジョン(花は咲く)で持っていた花は?

スポンサードリンク

 

NHK杯のエキシビジョンの演技の最後で羽生結弦が受け取った花が気になった人がおおのではないでしょうか??

エキシビジョンでの羽生結弦の演技もとても素晴らしいものでした。

 

このNHK杯のエキシビジョンで羽生結弦が持っていた花は何ていう名前なんでしょうか?

 

20140215-776016-1-N

 

羽生結弦君が持っていた花の名前は?

 

このエキシビジョンでは、「花は咲く」の曲で演技をしていました。

羽生結弦君が持っていた花の名前は、「ガーベラ」の花です。

 

 

ちなみにガーベラの花の中には、様々な色の花があります。

赤色のガーベラもあれば、ピンク色のガーベラ、オレンジ色のガーベラもあります。

 

 

そしてそれぞれのガーベラの花によっては花言葉なども全く異なってくるようです。

羽生結弦がこのエキシビジョンで受け取った花は、「希望」の意味があるガーベラの花です。

 

しかも、このガーベラのお花には花言葉が二つあるようです。

 

一つ目は「希望」で、二つ目は「律儀」

 

なるほど・・・。

まさに今の羽生結弦にぴったりの言葉です。

一つの花に花言葉が二つあるなんてとても魅力的な花ですね。

 

スポンサードリンク

 

羽生結弦はこの「花は咲く」の曲や演技を通して「過去と今と未来」を伝えたいようです。

このNHK杯のエキシビジョンでは、羽生結弦が曲や演技などを通して伝えたいことが非常にダイレクトに伝わってきました。

 

エキシビジョン「花は咲く」の動画

 

感動した人も多かったようで本当に素晴らしいエキシビジョンだったと思います。

NHK杯では怪我明けにもかかわらず、見事に4位になって本当に良かったですね。

グランプリファイナル出場権も無事獲得したので、怪我を完全に治して頑張ってほしいと思います。

 

→羽生結弦君のファンへのコメントは?チャクラのパワーストーンとは?

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ