冬に体が温まる食べ物は?冬野菜の風邪予防の効果とは?

スポンサードリンク

 

11月に入り、10月よりもかなり肌寒くなってきましたね!

この季節に食べたい体が温まる食べ物はどのようなものがあるのでしょうか?

 

寒い季節でも体をポカポカにして過ごしていきたいところですね。

 

 

体が温まる食べ物の種類は?

 

冬の体が温まる食べ物と言えば、鍋やおでんなどが挙げられるのではないでしょうか?

鍋にもモツ鍋やしゃぶしゃぶ鍋やチゲ鍋などの様々な種類のものがあります。

 

 

そして、どれも体をポカポカに温めてくれる食べ物と言えるのではないでしょうか?

 

 

また、スープなどにして食べるのも体が非常に温まりますよね。

スープにも様々な種類のものがありますし、コーンスープや野菜スープ、卵スープなど好きなスープにして食べてみても良いと言えるのではないでしょうか?

 

 

しょうがやねぎなども体を温めてくれ、栄養もたくさんありますよ。

しょうがやねぎなども積極的に料理に取り入れて食べていきたいところです。

 

スポンサードリンク

 

冬野菜も体が温まるの?

 

冬にはできるだけ栄養をとりながら体を温めていきたいところですよね!

冬に食べたい野菜としては、冬野菜があります。

 

 

冬の野菜としては、白菜やほうれん草に小松菜、ゆり根、ねぎ、かぶ、大根やニラなどがありますね。

こういった野菜を冬野菜カレーなどにして食べてみると非常に美味しくて、栄養もたっぷりととることができますよ。

 

 

白菜にはビタミンCやカリウムに食物繊維などがたっぷりと含まれています。

冬野菜を積極的に料理に取り入れて食べるようにすることで、体に必要な栄養素をたっぷりと補給することができます。

 

野菜にも夏野菜や秋野菜といった季節ごとの野菜があります。

冬は冬野菜を積極的に食べて、栄養素を補給していきたいところですね。

 

 

野菜を使った料理は、他にも野菜スープがあります。

野菜スープはお手軽にたくさんの野菜を食べることができるので栄養がとりたいと考えている人にはおすすめできますね。

 

 

冬野菜をたくさん食べるようにして、風邪予防もしていきましょう。

 

→冬の季節の風邪予防の行い方とは?免疫力アップの方法は?

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ