速すぎる大谷翔平!最高速度だけでなく、平均速度もモンスター級に速い!

スポンサードリンク

 

今年は大谷翔平が凄すぎる!

 

 

7月19日に行われたプロ野球オールスターゲームでいきなり日本中をあっと言わせました。

1回の初めの打者である阪神の鳥谷相手にいきなりの161キロを投げ込みました。

 

 

そして、2級目には最速タイとなる162キロを記録!

球場をどよめかせました。

⇒圧巻の162キロのを記録した映像はこちら

 

 

•ÒW•”

 

 

いきなりとんでもない記録を出してしまいました!

やっぱりオールスターは燃えるんでしょう。

野球ファンもビックリの記録です。

 

 

歴代のオールスター史に負けないくらいインパクトを残す試合になりました。

ちなみに歴代オールスターファン投票の記録は下記のリンクから。

⇒プロ野球オールスター歴代ファン投票の記録をまとめてみました

 

 

阪神ファンももはや笑うしかない圧倒的な球速

 

初級の161キロには鳥谷も思わず苦笑い

同期の阪神藤浪も苦笑い。

阪神ファンも苦笑いw

 

 

それにしても、いきなり投げて160キロもでるんですね。

また、2球目の162キロをちゃんと目で追ってバットに当てた鳥谷も凄いと思います。

 

 

鳥谷は完璧にミートしたと思っていたでしょうね。

あれを当てるのは凄い技術だと思います。

しかし、完璧に捉えたはずが振り遅れていたことに本人もビックリしていました。

 

 

そして、162キロに気付いて思わず大谷に球速表示を指差して見せたのはオールスターならではの光景ですね。

いったい誰があんな球うてるんでしょうか?

今でこそモンスター級の扱いを受けている大谷翔平ですが、実は高校生の時もとんでもないモンスターでした。

 

スポンサードリンク

 

高校生がまさかの160キロ!?高校球児に打てるわけないww

 

今でこそ150キロ台を出す高校生は珍しくない時代になりましたが、実は大谷は高校生のときからすでに公式戦で160キロを出しています。

 

高校球児もア然・・・まさかの160キロの映像はこちら

 

 

はい、打てるわけないですね。

何を食べたらこんなに速い球放れるでしょうか?

 

 

ちなみに今シーズンの大谷翔平の試合で投げる球の平均球速はなんと150キロ以上

普通投手は9回を投げる前提で全力では決して投げません。

 

 

大体8~9割の力で投げるということですね。

しかも直近の3試合のストレートはすべて150キロオーバー。

 

 

ストレートの平均速度が155キロというから驚きです。

あるていど力を抜いて投げても150キロは楽々でるということです。

 

 

また恐ろしいことに9回の最後の打者を相手に159キロのストレートをぶち込んでいます。

これは試合の最後まで余力を残していることを証明します。

 

 

つまり、それだけ体力があるということと、球数が少なく投げれているということですね。

玉数が少ないのはストライク先行でボールが少ないことを意味します。

 

 

つまり、とんでもなく玉が速い上に、コントロールも良いということですね。

これは近い将来20勝を超える日も近そうですね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ