映画寄生獣のクオリティが半端ない!ミギーもリアルに再現!!

スポンサードリンク

 

寄生獣という漫画はごぞんじでしょうか?

月間アフタヌーンに連載し、コアなファンに大人気の漫画です。

 

寄生獣4

 

 

その中身というのは、実は「かなりのホラーテイスト」なんです。

 

 

あらすじは、突然空からやってきた謎の生物が人間に寄生し、次々と人間を捕食するというお話。

その寄生生物「パラサイト」は人間の鼻や耳の穴から入り込んで脳に寄生し、見た目は人間そっくりなまま生活を行います。

そして、人知れず次々と人間を食べていくという・・・・。

 

 

想像しただけでも怖すぎますよね!

 

 

そんな「寄生獣」がこの度実写映画化されることになりました。

そして、早くも寄生獣ファンから大絶賛の声があがっています。

 

 

ちなみにアニメ化も始まるようですが、こちらは原作のテイストを台無しにしているとファンからは批判の嵐だとか・・・

別の記事に書いていますので併せてどうぞ!

⇒寄生獣TVアニメ版のミギー役平野綾に「これじゃない」「ひどい」の声が!

 

スポンサードリンク

 

寄生獣の映画版は再現度のクオリティが半端なかった!!

 

12月公開予定の映画版寄生獣。

早くも予告ムービーが公開され、その再現度の高さに寄生獣ファンも度肝を抜かれています。

 

 

下に動画をリンクしましたのでぜひ一度見てみてくださいww

※グロイので注意!!

 

映画寄生獣の予告ムービーはこちら

 

 

グロイ!怖い!リアルすぎる!!

これは18禁にすべきと思いますww

子供が見たら泣きます。

 

 

というより見せてはいけません。

特に捕食シーン・・・。

 

 

それにしても、現代のCG技術のクオリティの高さには驚かされます。

もはや現実との区別がつかないほど自然に溶け込んでいますよね。

まさに、人間界に溶け込んでいる「パラサイト」にピッタリです。

 

 

パラサイトと言えば、染谷将太が扮する主人公「新一」にもしっかりとパラサイトが寄生しています。

しかも、かなりコミカルなパラサイトですよね。

いったい何者なんでしょうか?

 

 

右手のパラサイト「ミギー」が超カワイイと評判に

 

これは主人公新一の脳ではなく、右手に寄生した「ミギー」というパラサイトです。

新一が脳に寄生されるのを間一髪で免れ、その結果右手に寄生するというところから出会いは始まります。

そして、ミギーと共に他のパラサイトから人間を守るべく戦うというのが大まかなストーリーです。

 

 

ちなみにミギーは新一がつけたあだ名ですね。

このミギー、原作ではいろいろな役割を演じています。

 

 

パラサイトと戦うシーン

ミギー2

 

 

 

新一の代わりに宿題をするシーン

ミギー

 

 

分裂するシーン

ミギー3

 

 

このグロカワイイところも寄生獣の魅力の一つであります。

また、映像から見られるようにその再現度が半端ないということで、ツイッターなどで女性達から早くも「カワイイ」と絶賛の声が上がっています。

 

 

この映画寄生獣は完成度が高いことや、怖い(パラサイト)、グロイ(捕食シーン)、カワイイ(ミギー)、カッコイイ(主人公の染谷将太)などなど。

盛りだくさんのお楽しみが詰まっています。

楽しみに12月を待ちましょう!!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ