旬の果物であるカキの栄養素は?甘柿と渋柿の違いとは?

スポンサードリンク

 

冬はカキが旬の果物で、豊富な栄養素も補うことができます。

ちなみにカキといえば秋という印象もありますが、旬にあたるのは冬です。

 

 

美味しくて体にも良いカキなのですが、どのような栄養素が入っているのでしょうか?

果物だけではなく、食べ物も旬の時期に食べると豊富な栄養素を補給することができます。

 

また、味もとても美味しいのでできるだけ旬の時期に食べたいところですよね。

 

kaki_image

 

 

カキに含まれている栄養素は?

 

カキの中に含まれている栄養素なのですが、ビタミンCが70mg含まれています。

他にもベータカロテンやカリウムなどが含まれているようですね。

 

 

また、カキの中に含まれている注目の成分もあります。

それはタンニンです。

ちなみにタンニンにはどのような効果効能があるのでしょうか?

 

 

タンニンには、風邪予防から美肌効果の他にも高血圧の予防や動脈硬化の予防、脳梗塞の予防や心筋梗塞の予防をしてくれます。

また、がん予防や二日酔いの改善もしてくれるようですね。

 

 

すごすぎるタンニン!!

 

 

二日酔いに悩んでいるという方は、ぜひカキを食べてみてはいかがでしょうか?

 

 

またカキを食べるだけでこれだけの病気を予防することができ、栄養もとることができます。

旬の時期に食べた方がより多くの栄養素を補うことができるようになります。

 

 

では、カキには甘柿と渋柿がありますが、その違いはなんでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

甘柿と渋柿とは?

 

カキには、甘柿渋柿があります。

この二つのカキの違いなのですが、

違いはタンニンの状態のようですね。

 

 

タンニン自体は甘柿でも渋柿でも同じくらい含まれています

しかし、甘柿は水に溶けない状態で黒い斑点などがあるのが特徴ですね。

渋柿の方は水に溶ける状態となっています。

 

 

これが甘柿と渋柿の違いのようですね。

 

 

なお、カキにも色々な種類のものがあるので、どれがどのようなカキなのかをよく見てから購入をするようにした方が良いと言えるでしょう。

 

 

普段あまりカキを食べないという人達も多いようなのですが、カキには豊富な栄養素が含まれています。

一日に一つでも良いので食べると、豊富な栄養と病気予防をすることができるようになるでしょう。

 

ぜひ旬の時期にカキを食べてみてください。

すごく万能な果物です。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ