日本の伝統食材であるお餅の栄養はこんなにあるの?

スポンサードリンク

冬に食べることが多い美味しいお餅ですが、何気なく食べているお餅にはたくさんの栄養素が含まれています。

あまり知られていないのですが、お餅にはかなりたくさんの栄養が入っているのです。

 

お餅には、どのような栄養素が含まれているのでしょうか?

 

 

お餅の栄養はこんなにあるの?

 

冬に食べることが多いお餅の栄養は、結構たくさんありますね。

お餅は、もともとお米からできているので、タンパク質や脂質の他にも炭水化物などが含まれています。

三大栄養素が全部含まれている非常に健康的な食品と言えるのではないでしょうか?

 

お餅の中には、炭水化物がとても多く含まれています。

お餅の中に含まれている炭水化物は、約90%です。

 

それ以外にも、お餅にはビタミンB1やパントテン酸の他にも、ミネラルとして銅やマンガンに亜鉛などが豊富に含まれています。

また、モリブデンも豊富に含まれているので、かなり栄養素が豊富な食べ物と言えるのではないでしょうか?

 

また、お餅の食べ方も多種多様にあり、好きな食べ方で食べることができるのも大きな魅力の一つと言えるでしょう。

冬によく食べるお餅の食べ方なのですが、やはり雑煮が挙げられるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

雑煮は、とても体が温まりますしお餅も柔らかくトロトロになっているのでとても食べやすいですよね。

他にも、おしるこにして食べるのがとても美味しいようですよ。

焼いて食べる焼き餅も冬に食べるととても美味しいですし、茹でて食べるお餅もとても美味しいようですよ。

 

お餅は栄養がとてもたくさん入っているので、どれだけ食べても体に悪いということはありません。

お餅が好きという方であれば、色々な食べ方をしてお餅を食べてみてはいかがでしょうか?

 

冬にお餅を食べると、とても体も温まるので冬にぜひ食べたい食べ物と言えるでしょう。

お餅は毎日食べても、とても体に良いので毎日食べても良いと言えるでしょう。

 

美味しくて、とても健康に良いお餅をぜひ冬に食べるようにしたいところですよね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ