戸田奈津子が患っている加齢黄斑変性はどんな病気なの?

スポンサードリンク

 

映画字幕翻訳をされている人気の高い戸田奈津子さん。

普段お世話になっている人も多いですよね。

戸田奈津子さんは、どうやら加齢黄斑変性という病気を患われているようですね。

 

 

テレビ番組の「ノンストップ!」に出演をされた時にこの病気を患っているということを初告白されました。

それがかなり大きな話題となっているのですが、戸田奈津子さんが患っている加齢黄斑変性というのはどのような病気なのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

戸田奈津子が患っている加齢黄斑変性はどんな病気なの?

 

戸田奈津子さんが患っている加齢黄斑変性というのは、どのような病気なのでしょうか?

戸田奈津子さんが、この加齢黄斑変性を患っていることを知ったのは1994年だったようですよ。

 

 

この病気は、一度なると治らないという病気のようですね。

ですので、戸田奈津子さんはこの加齢黄斑変性に長い間苦しめられていたようですよ。

 

 

戸田奈津子さんが患われているこの加齢黄斑変性という病気は、悪化すると失明してしまう病気のようですね。

そして、この病気になると治らない病気のようですよ。

 

 

戸田奈津子さんは、字幕翻訳をされている方なので、加齢黄斑変性はかなり不便とコメントをされています。

また、人の顔なども目の焦点が合わないから見えないというような症状も起こるようですね。

 

 

加齢黄斑変性という病気の症状としては、視界が歪んで見えなくなったり、暗くなったりしてしまうことがあるようですよ。

この病気の症状が悪化すると、最悪の場合には失明もしてしまうようですよ。

 

 

細胞の中心にある黄斑に異常が出る病気のようで、戸田奈津子さんは20年以上もこの病気を患われています。

この病気になると、非常に様々な目の症状が起こるようになるようですね。

 

 

目に違和感があるなと感じたら、病院に行って診てもらうのが良いと言えるのではないでしょうか?

目に少しでも違和感があるなと感じたならすぐに病院で診てもらうようにしてください。

 

これからも字幕翻訳をされている戸田奈津子さんを応援していきましょう。

 

→戸田奈津子の字幕翻訳の誤訳は病気と関係があるの?

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ