冬型栄養失調はどんな病気?不足しやすい栄養素は?

スポンサードリンク

 

冬には風邪や病気に非常にかかりやすくなります。

インフルエンザノロウイルスといった病気も流行り始めるので、風邪対策などをしっかりと行うようにしましょう。

 

 

冬に流行する病気としては、冬型栄養失調というものがあります。

あまり聞きなれない病気だと感じた人達も多いのではないでしょうか?

 

 

冬型栄養失調とは?

 

冬型栄養失調は、冬になる栄養失調のことですね。

冬に不足しやすい栄養素が不足すると、この冬型栄養失調になりやすくなるのです。

 

 

冬型栄養失調にも様々な症状があります。

まぶたがピクピクと痙攣してしまったり、口内炎ができたり、怪我をした時に傷がなかなか治らないなどが挙げられますね。

これらの症状は、全て冬に必要な栄養素が不足しているから起こるのです。

 

 

髪がよく抜けるのも、この冬型栄養失調の症状かもしれません。

また、外出をするとドキドキしたりするのもこの冬型栄養失調の症状の一つですね。

 ちょっと心当たりがあったりするので、恐ろしいですよね。

 

この冬型栄養失調を予防するためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

栄養素を補給すると効果的なの?

 

冬型栄養失調にならないようにするためにも、冬に不足しがちな栄養素を補うことが大切と言えるでしょう。

 

冬に特に不足しやすい栄養素は、マグネシウムや葉酸、脂質です。

 

 

マグネシウムはひじき納豆海苔といった食品に含まれています。

普段の食事に積極的に取り入れていくようにしてみましょう。

 

 

また、葉酸ほうれん草小松菜レバーといった食品に多く含まれています。

レバーが食べられないという方達も多いと思いますので、ほうれん草や小松菜などを食べるようにしてみましょう。

 

 

脂質は、体に悪いものもあるので魚やオリーブオイルなどからとるようにするのが効果的と言えるでしょう。

良質な脂質をとるようにすることが大切なので、体に悪い脂質はとらないようにしてください。

 

 

この三つの栄養素が冬に特に不足しやすい栄養素と言えるでしょう。

これらの栄養素を補うことで、冬型栄養失調を予防することができるようになります。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ