冬の雪の名前の種類とは?その雪の名前の意味は?

スポンサードリンク

 

冬になると、雪が降るようになりますがその冬の雪の名前も様々なものがあります。

雪を表す雪の名前の種類にはかなりたくさんの種類が存在しているのです。

 

冬の雪の名前の種類を知って、さらに冬を楽しみましょう!

 

 

冬の雪の名前は?

 

冬の雪の名前には、初雪早雪、そして終雪なごり雪などのたくさんの冬の雪の名前があります。

早雪は、去年などに比べて初雪が早く降った時に早雪というようですね!

 

 

終雪というのは、その年の最後の雪のことをいいます。

「雪の別れ」とか「雪の果て」や「雪の名残」などということもあるようですよ。

これは、冬に別れを告げる時に使う言葉となっています。

 

 

なごり雪という言葉は非常によく聞く言葉だと思いますが、春近くに降る雪のことをなごり雪というようですね!

もっと雪が降ってほしい・・・というような雪のことをなごり雪というのではないでしょうか?

 

 

なごり雪は、その雪がその年最後の雪の時に使う言葉ですね。

なごり惜しいという意味もある雪のことをなごり雪といいます。

 

 

他にも残雪といって、これは春にも振り続ける雪のことをいいます。

春になっても雪が降っていたら、それは残雪と言っても良いと言えるのではないでしょうか?

 

 

また、溶けないでその場に残り続ける雪のことを根雪というようですよ!

 

 

それ以外にも、その年中ずっと残り続ける万年雪などがあるようですね!

雪にも色々な種類のものがあり、すぐに溶ける雪や残り続ける雪など様々なものがあります。

 

スポンサードリンク

 

雪の名前の意味とは?

 

雪の名前の意味ですが、初雪が早く降った場合には早雪といいますね。

初冠雪が山に降り、とても綺麗な山々となります。

 

 

なごり雪は曲などにもよく出てくる冬の雪の名前ですね。

この雪が降ると非常になごり惜しい気持ちになり、最後に降る雪のことですね。

非常によく聞くことのある冬の雪の名前と言えるのではないでしょうか?

 

 

冬の雪の名前にも非常に様々な意味があるので、一つ一つ覚えていくと良いと言えるでしょう。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ