冬の季節の言葉の種類は?冬の季節の言葉の意味もあるの?

スポンサードリンク

 

冬には、冬の季節の言葉がたくさん存在しています。

その冬の季節の言葉をあまり知らないという方は多いのではないでしょうか?

 

 

冬だけにかぎらず、季節の言葉はとてもたくさん存在しています。

季節を楽しむためにも、ぜひ冬の季節の言葉を知っておきましょう。

 

 

冬の季節の言葉は?

 

冬の季節の言葉にはかなり多くの種類のものがありますね。

 

 

立冬は、11月7日の二十四節気です。

立冬になると、冬の訪れを感じられるようになります。

 

 

また、この頃くらいから非常に肌寒くなってくるので寒さ対策などもしっかりと行う必要があると言えるでしょう。

 

 

また、冬の季節の言葉として小春日和があります。

小春日和は、11月の初冬には寒くなってきますが大陸高気圧の影響で暖かい日になります。

そんな時に小春日和というようですよ。

 

 

他にも、帰り花小雪(しょうせつ)、初霜といったたくさんの冬の季節の言葉があります。

どれも冬を表す言葉として知っておくと重宝すると言えるのではないでしょうか?

ちょっと使えるとおしゃれな感じがしますよねw

 

スポンサードリンク

 

冬の言葉の意味もあるの?

 

冬の季節の言葉には、それぞれ意味もあります

言葉だけを知っているという人も意味は知らないという人も多いようですね。

少し小難しい印象があると思いますが、言葉通りの冬の言葉もたくさんあるようですよ。

 

 

小雪は、その名の通り少し雪が降り始める時期のことですね。

小雪は、11月22日のことですね。

二十四節気の一つで、雪が少し降り始める時期の冬の言葉です。

 

 

初霜という冬の季節の言葉は少し小難しく感じるかもしれませんね。

これは、初霜が降る日の冬の言葉で東京は11月14日のようですよ。

東京の平均が11月14日のようです。

 

 

鹿児島では11月26日のようで、徐々に冷えていく霜を置く音が聴こえそうな感じを表した言葉は「霜の声」と言います。

 

 

冬の季節の言葉には非常に多くの種類があり、他にもたくさんあります。

冬日和や冬薔薇といった冬の言葉もあるので、冬を知るとより一層冬を楽しむことができるようになるでしょう。

 この時期手紙を書くことも多くなるので、ぜひ活用していきましょう!

あなたへの印象がグッと良くなること間違いありません。

 

 

ちなみに冬には冬の花も多く存在します。

またそれぞれに花言葉もありますね。

併せて覚えておくとなお良いと思われます。

こちらの記事も併せてどうぞ!

→冬の季節の花の種類は?冬の花の由来とは?

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ