エイトレンジャー2ついに上演開始!前田敦子(動画)も記者役の西郷純役で登場!!

スポンサードリンク

 

ついに関ジャニ∞主演のエイトレンジャーの続編、エイトレンジャー2上映開始となりました。

 

 

前作のエイトレンジャーの評判も上々だったことや、関ジャニ∞の人気も絶好調なことから堤幸彦監督が2作目を制作することに。

今回はよりパロディ要素が強くなった傾向があるようですが、そんな中あの前田敦子がヒロイン役ということでさらに話題になっています。

 

前田敦子_エイトレンジャー2

 

役柄は週刊誌の記者役というちょっと珍しい?役柄を演じています。

前田敦子と言えば、アイドルの中のアイドルというイメージが世間的にあると思いますので、堤監督も思い切った役柄を命じました。

 

 

どんな感じかはちょっと気になりますよね。

前田敦子と堤幸彦監督のロングインタビュー動画と併せてどうぞw

⇒前田敦子と堤幸彦監督のインタビュー動画はこちら

 

 

スポンサードリンク

 

「見所がいっぱいなので私だけを見てくださいという感じではありません」と言い切った前田敦子

 

前田敦子は物語の重要なカギを握るヒロイン役でエイトレンジャーによって平和になったかに見えた八萬市(エイトシティ)の陰で発生している謎の失踪事件を追う週刊誌記者の役割。

 

 

非常に男勝りなキャラ「西郷純」を見事に演じきっています

前田敦子本人も手応えをつかんだようで、インタビューにも自信がみなぎっている様子が伝わります。

 

 

前田敦子の「お子さんから大人まで声を大にして笑ってください」と爽やかな笑顔が印象的ですね。

もはや女優としての風格というか、余裕さえ見えてきます。

 

 

ところで、映画の中身についてですが、前田敦子の役柄的には記者というよりもだらしないエイトレンジャーを鼓舞する学校の先生みたいなスタンスかもしれません。

エイトレンジャー達におい、お前ら!」と呼び捨てにする姿もなかなか魅力的です。

 

 

ぐうたらなエイトレンジャーたちを叱咤激励しながら悪に立ち向かう前田敦子

 

今回は前回よりさらに堤監督の演出上、関ジャニ∞扮するエイトレンジャー達はパロディに要素前面に押し出しています。

大人も子供も楽しめるようにするには全体のバランスをとることが大変だったとか・・・。

 

 

そこでカギを握るのが前田敦子扮する西郷純

 

 

当初の台本はそこまでバリバリの体育会系ではなかったようですが、撮影を進めるにつれ男勝りな面が強くでていいバランスをとっています。

前田敦子曰く、何故かキャラがどんどん濃くなっていってしまったとのこと・・・。

 

前田敦子がバリバリの男勝りを見せるエイトレンジャー予告編動画はこちら

 

 

最後は前回に続き、東山紀之が悪役として登場、さらにはベッキーも前回に続いて登場し映画を盛り上げています。

前回からのファンには堪らない展開が待っています。

 

 

そして実は、堤幸彦監督はAKBのフライングゲットのPVを撮影監督をしたことでも有名です。

フライングゲットと言えば、前田敦子が大島優子から1位を奪還し復活を印象づけた曲ですね。

 

フライングゲット

 

今見れば凄い豪華メンバーですねww

実はそのころから堤監督は前田敦子を女優として登用する機会を狙っていたかもしれません。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ