インフルエンザの予防接種を2014年に打つ時期は?効果は?

スポンサードリンク

 

冬が始まって、インフルエンザが流行しやすくなってきましたね!

しっかりとインフルエンザ対策を行っておき、風邪をひかないようにしていきたいところですね!

 

 

今年2014年のインフルエンザの予防接種を打つ時期はいつ頃なのでしょうか?

 

 

インフルエンザの予防接種はいつ打つのが良いのか?

 

毎年インフルエンザの予防接種をしっかりと打っている人もいれば、数年に一度インフルエンザの予防接種を受けているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

インフルエンザは、毎年冬になると流行が始まるので、風邪を重症化させないようにするためにもしっかりと受けるようにしたいところですね。

 

 

今年のインフルエンザの予防接種は、11月から流行り始めるので、早い目にインフルエンザの予防接種を打った方が良いと言えるでしょう。

11月か、12月にはインフルエンザの予防接種を打っておきましょう。

 

 

インフルエンザが流行して、流行りだしてから予防接種を打ってもあまり効果が出ないのです。

 

 

インフルエンザの予防接種は、多くの病院で行われていますので、しっかりと受けておくようにしたいところですね。

 

 

インフルエンザの予防接種を予防のために受けておくだけでも、予防効果はかなり高くなります。

インフルエンザの予防接種を受けたから、インフルエンザにならないというわけではありません。

 

スポンサードリンク

 

予防効果とは?

 

インフルエンザの予防接種の予防効果は、30%から40%のようですね。

しかし、インフルエンザにほとんど感染しなくなり、またインフルエンザの重症化も防ぐことができるようになります。

高熱が出たりしなくなるので、インフルエンザに感染してもすぐに治りやすくなるのです。

 

インフルエンザの予防接種を受けると、かなり色々なメリットがあると言えるでしょう。

 

 

インフルエンザの予防接種は、大人が1回で子供が2回打つ必要があります。

13歳未満の人は2回予防接種を行い、13歳以上の人は1回の予防接種を受けるだけで良いです。

 

 

またインフルエンザだけではなく、冬の時期は風邪をひきやすい時期でもあります。

普段から免疫力を高めて予防に努めましょう!

→冬の季節の風邪予防の行い方とは?免疫力アップの方法は?

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ